葉酸

妊活で葉酸は大切?妊活時に飲むとよいおすすめの葉酸を紹介してみた!

この記事を読んでいるということは、皆さんは妊活中ですね!

これからどんな子供が出来るのか、そしてどんな出会いが待っているのかとても楽しみなことでしょう。

でも、中には健康的な赤ちゃんを産めなかったらどうしようとか、中々授からなくて困っているとか、様々な悩みを抱えている時期でもあるでしょう。

そんな妊婦さんに朗報です!実は妊活中から葉酸を摂取すると、妊娠から赤ちゃんに関わる様々な恩恵を受けられるということをご存知でしょうか?

そこで今回は、妊活中に葉酸を摂取するべき理由やおすすめの葉酸サプリ、そしてそもそも葉酸って何なのかについて見ていきたいと思います。

葉酸って何?

冒頭でさんざん葉酸という言葉をお話ししてしまいましたが、そもそも皆さんは葉酸がどのような成分であるのかご存知でしょうか?ここでは先に葉酸の基本知識について簡単に紹介していきたいと思います。

水溶性ビタミンの一つ

葉酸とは水溶性のビタミンに所属してるビタミンのことで、ビタミンB群の中に存在しています。「え?ビタミンBなんちゃらとかなの?」その認識で間違いないです。ビタミンという名前は付いていませんが、葉酸は立派なビタミンの仲間なんですよ。

どんな食品に含まれているの?

葉酸を含んでいる食品は主に野菜に多く、配合量は様々です。下記に葉酸を含んでいる食品をリストアップしてみたので、参考にしてみてください。

食品名 含有量
ブロッコリー50g 105㎍
ほうれん草60g 126㎍
ちんげん菜70g 46㎍
白菜80g 49㎍
ぜんまい50g 105㎍
アボガド100g 84㎍
いちご75g 68㎍
さつまいも100g 49㎍
オレンジ130g 44㎍

葉酸と言えばブロッコリーとイメージする人が多いと思いますが、その認識は間違っておらず、ブロッコリーにはたくさんの葉酸が含まれています。

また緑色豊かなほうれん草にも、見た目から想像できるように葉酸がたっぷりと含まれている食品となります。

他にも様々な食品に葉酸が含まれているので、興味のある人は葉酸を含む食品で検索してみてください!

お料理好きの人なら、食品を見るだけであらゆるレシピが浮かんでくること間違いありません!

葉酸の働きって何?

葉酸を配合している食品について分かったところで、続いて葉酸の働きについてみていきましょう。

葉酸は基本的に細胞分裂する際のDNAの核酸を合成する役割を果たしたり、ビタミンB1と一緒に血液を作る働きを助けたりする働きがあります。

そのため、葉酸欠乏症になってしまうと貧血のような症状に陥ってしまう人も珍しくはありません。

それでは働きについて簡単に分かったところで、この葉酸がどうして妊活中に飲むことが推奨されているのかについて、謎に迫っていきたいと思います。

妊活時に葉酸を摂取すると良い理由

今度は妊活時に葉酸を摂取すると良い理由について見ていきましょう。

確かに先輩お母さん方は、葉酸を取りなさい葉酸を取りなさいとさんざん言ってきますが、それが果たして妊活中にどのように作用するのかは不明です。ここで一度妊活中に葉酸を摂取するべきな理由について詳しくみていきたいと思います。

胎児の神経管閉鎖所具合のリスクが軽減される

妊活中から葉酸を摂取するべきであるもっともな理由は、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを軽減できるというものです。

そもそも皆さんは神経管閉鎖障害という障害についてご存知ですか?これから妊婦さんになるのであれば、これをよく知っておかなければいけません。

この神経管併催障害というのは1万人に6人の確率で見られる障害で、脳の形成が不全となって無脳症を引き起こすリスクが高くなってしまうんです。

無脳症を引き起こい手しまうと、流産となってしまったり、死産をする確率が高くなってしまいます。

確かに1万人に6人と非常に確率は低いため、「私は別に…」と思うかもしれませんが、私は別にという人ほど神経管閉鎖障害のリスクを高めてしまう行動をしがちです。

話はもどりますが、葉酸はこの神経管閉鎖障害のリスクを軽減する働きがあると言われているんです。

このリスク軽減に関しては、しっかりと厚生労働省が報道資料にて発表している事実であり、実際に厚生労働省では妊婦さんが葉酸を摂取することを推奨しています。

でも、一体なんで葉酸が神経管閉鎖障害のリスクを下げると言われているのでしょうか?

それは、葉酸の細胞分裂を助ける働きに効果が隠されていました。

DNAの核酸を合成する際に役割を果たしてくれるため、胎児が正常に細胞分裂を行って成長することが出来ると言うことがリスク軽減のカギだと言われています。

妊娠初期のつわりを軽減できる身体が作れる

妊娠すると待っているのは『つわり』です。

一度妊娠したことがある人なら分かると思いますが、つわりには食べつわりやにおいつわりなど様々なつわりが存在し、その症状は人によって非常につらいものです。吐き気を催すのも、このつわりが原因となります。

しかし葉酸を妊活中から摂取することによって、このつわりをいくらかでも軽減することが出来るんですよ。

そもそもつわりというのは、明確な原因が分かっていない症状で、ストレスやホルモンバランス、自律神経の乱れなど様々な要因が重なって起こると言われています。

そのため、葉酸には自律神経の働きを抑えるというものがあることから、つわりにも効果的なのではないかと期待されているわけです。

したがって、妊活中から葉酸を摂取し、妊娠初期のつわりに備えた強い身体を作っていくことが重要となるでしょう。

貧血防止が出来る

『鉄分』と聞くと、皆さんは鉄分を摂取しなければいけないと思う人が多いはず。

しかし、血液を作るのは何も鉄分だけではありません。先ほど葉酸について紹介したときにもお話ししましたが、葉酸はビタミンB1と一緒に血液を作る働きを長けてくれます。

そのため、鉄分をいくら摂取しても貧血を改善できない人は、実は葉酸不足だったということも少なくないんですよ。

妊娠をすると、胎児へ栄養を送るためにはへその尾を通じて血液で送ることになります。

そのため大量の血液を消耗し、お母さんの身体が貧血になってしまうこともあるんですよ。

そうならないためにも、妊活中から積極的に葉酸を摂取して、貧血にならない強い身体を作る必要があるんです。

葉酸を摂取するなら葉酸サプリから!その理由は?

さんざん葉酸を摂取しなさいと言いましたが、実は食品から摂取するよりもサプリから摂取した方が効率よく確実に摂取することができます。

その理由について紹介していきましょう。

食品から得られる葉酸は吸収されにくい

葉酸にはポログルタミン酸型葉酸とモノグルタミン酸型の2種類の葉酸があります。

食事から摂取することが出来る葉酸はポリグルタミン酸型と呼ばれ、栄養補助食品などに含まれている葉酸はモノグルタミン酸型と呼ばれています。

実は厚生労働省で推奨しているのは、二つ目のモノグルタミン酸型葉酸の方であり、食品から摂取できるポリグルタミン酸型葉酸は推奨されていません。

つまり栄養補食品で葉酸を摂取することを勧められているんです。

それもそのはず、食事から摂取することが出来るポリグルタミン酸型葉酸は身体の中に中々吸収されず、排出されてしまうという性質を持つため、葉酸を効率的に摂取することができません。

また、調理の過程で葉酸の量が減ってしまうため、実際に摂取しなければいけない量よりも随分と少ない量を摂取する羽目になってしまうんです。

これでは、赤ちゃんと自分のために葉酸を摂取しているのに、全く意味がありませんよね。

だから栄養補助食品などでモノグルタミン酸型葉酸を摂取するように厚生労働省では推奨しています。

コスパが良くて家庭に優しい

サプリから摂取することのもう一つの理由とては、価格面と摂取量におけるコストパフォーマンスが高くて、家庭に優しいということがあげられます。

先ほど葉酸を含む食品を見たと思いますが、あれらの食品を組み合わせて毎日摂取しなければいけないんです。

ちなみに妊活中の推奨葉酸摂取量は640㎍となります。単純計算でブロッコリーを300g程度食べなければいけません。

毎日ブロッコリーを300gも買っていられますか?ただでさへ野菜は高騰していて、妊娠向けてお金もかかるのに大変ですよね。

一方で葉酸サプリなら30日分で3,980円程度(高いものなら別です。)そのため、一日100円よっと程度の金額で済むんです!

非常にコストパフォーマンスが高いですよね!だから、葉酸サプリで葉酸を摂取することをおすすめするんですよ。

妊活中に葉酸サプリを選ぶ際の注意点

それでは実際に葉酸サプリを購入するとしたら、どのような葉酸サプリを摂取したらよいのでしょうか?

3つの選択基準にまとめてみたので、参考にしてください。

葉酸含有量は400㎍のものを選ぼう

葉酸サプリを選ぶなら一日分400㎍の葉酸が配合されているものを選びましょう。

先ほども言ったように、妊活中に摂取するべき葉酸量は大体640㎍です。

普段の食事からも摂取すると考えると、サプリから摂取する葉酸は400㎍程度が目安となるでしょう。

また、妊娠後にサプリ等から葉酸を摂取したらよい推奨量は480㎍なので、妊活中から480㎍の配合がある葉酸サプリを選びと好都合ですよ!

その他のビタミンやミネラルは配合されているのか

せっかくサプリメントから栄養を摂取するのですから、なるべく葉酸以外の妊活中・妊娠中に必要ね栄養素も合わせて摂取しておきたいですよね。

その栄養素というのがビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・カルシウム・鉄分の5種類となります。

ビタミンB6はつわりの軽減を期待できるとされ、ビタミンB12とビタミンCは葉酸やミネラル分の栄養が吸収されやすいように助けてくれます。

そして、カルシウムと鉄分はお母さんの身体にも、赤ちゃんの身体にも働いてくれる素敵な成分となっています。

最低限、これらの栄養素は葉酸サプリに含まれているかどうか確認しましょう。

GMP認定は受けているまたは危険な添加物の配合がないかどうか

お腹の中に赤ちゃんを抱えているわけすから、GMP認定という認定を受けている葉酸サプリを選ぶようにしましょう。

このGMP認定というのは国で認められている向上で検査がきちんとなされているのかを判断する印になります。

赤ちゃんと自分の身体を気遣うために、なるべくGMP認定を受けているものを摂取し、危険な添加物の配合などはないか確認してサプリを選ぶようにしてください。

妊活中におすすめの葉酸サプリを紹介!

それではいよいよ妊活中におすすめ出来る葉酸サプリについて紹介していきたいと思います。

ちなみに葉酸サプリをランキング形式で見たい人は、こちらも参考になりますよ!
>>葉酸サプリ ランキング

あなたに適した葉酸サプリが見つかるといいですね。

超おすすめ!ベルタ葉酸サプリ!

もっともおすすめ出来る葉酸サプリはベルタ葉酸サプリという葉酸サプリです。先ほど紹介した、3つの選択基準をもとにサプリの特徴を紹介していきます。

葉酸の含有量

ベルタ葉酸サプリに含まれている葉酸の含有量1日分に400㎍と、選択基準で示した摂取量を難なくクリアしているサプリです。

また配合しているのは、身体に吸収されやすい性質を持つモノグルタミン酸型の葉酸で、さらに特別に酵母の中で発酵させて配合しているため、より吸収されやすい葉酸サプリとなっています。

その他のサポート成分

ベルタ葉酸サプリには、ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・鉄分・カルシウムすべての配合がされている、まさに妊婦さんうってつけの葉酸サプリです。

配合量も摂取基準を上回らないような配慮をしており、それぞれ食事からも摂取するということを考慮している配合量になっています。

安全性

ベルタ葉酸サプリはきちんとGMP認定を受けている商品であるため、品質に問題なく安心して飲むことが出来ます。

また、余計な添加物の配合もなく、まさに妊婦さんに相応しい葉酸サプリだと言ったところでしょうか!

おすすめ!プレミン

続いて紹介するのは、プレミンと呼ばれる葉酸サプリです。こちらも上記で紹介した3つの選択基準に紹介していきましょう。

葉酸の含有量

葉酸の含有量は400㎍と、この葉酸サプリもベルタ葉酸サプリに続いて葉酸の含有量をクリアしています。これだけの葉酸を配合しているにも関わらず、サプリメント慣れしていない人でも飲める形状をしているので、安心して飲むことが出来ます。

その他のサポート成分

プレミンにも、ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・鉄分・カルシウムが含まれている優秀なサプリメントです。

こちらも妊婦さん向けに開発されたサプリメントですから、強い妊婦さんになれるためのサポート成分をたっぷりと配合されています。

安全性

プレミンはGMP認定を受けているサプリメントになります。そのため、品質には問題なく飲むことが出来ます。

添加物に関しては一つだけ光沢材が使用されているのですが、その光沢材はシェラックと呼ばれるもので、健康被害の報告がない安全な成分です。

従って安全性に関しても問題なく摂取できる葉酸サプリだと言うことが出来るでしょう。

おすすめ!美的ヌーボ

美的ヌーボは平愛理さんが飲んでいたと有名な葉酸サプリです。早速基準値をクリアしているのか見てみましょう。

葉酸の含有量

こちらも葉酸の含有量は400㎍となっていて、推奨摂取量の基準値をクリアしています。

その他のサポート成分

美的ヌーボにはビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・鉄分・カルシウムの配合がしっかりとあり、その配合量も多く必要な栄養素が美的ヌーボでたっぷりと取れてしまいます。

しかし、手厚い栄養の配合によって、粒が非常に大きくなってしまい、サプリメント慣れをしていない人にとっては、飲み込むのに少々苦労をしてしまう性質があります。ここが唯一のデメリットだと言えるでしょう。

ただし、美的ヌーボの粒は真ん中に切れ込みが入っているため、簡単に割って小さくして飲むことが出来ます。

多少手間かもしれませんが、おすすめ出来る栄養満点のサプリメントですよ!

安全性

美的ヌーボもGMPを取得している、安全性の高い葉酸サプリです。しかも無添加処方であるため、添加物が気になる方でも安心して飲むことが出来ます。

おそらくこれだけ栄養素を含んでいて、無添加処方なサプリメントは美的ヌーボくらいなのではないでしょうか!

ちょっとおすすめ!ララリパブリック

続いて紹介するのはララリパブリックと呼ばれている葉酸サプリについてです。具体的にどのような葉酸サプリなのか、選択基準をもとに見ていきましょう、

葉酸の含有量

葉酸の含有量は同じく400㎍と、基準摂取量をクリアしている葉酸サプリです。また、モノグルタミン酸型の葉酸なので吸収効率にも問題がない葉酸サプリとなっています。

その他のサポート成分

ララリパブリックにもビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・鉄分・カルシウムの5種類の栄養素がきちんと入っています。

それなのに、粒も飲みやすい形状で大きくなく、抵抗感なく続けられる葉酸サプリです。

安全性

ララリパブリックも珍しいことに無添加処方の葉酸サプリです。さらにGMP認定も取得しているので、品質にも問題ありません。

ちょっとおすすめ!はぐくみ葉酸

最後に紹介する葉酸サプリははぐくみ葉酸と呼ばれる葉酸サプリです。

レモン風味なのが特徴的でさっぱりとした印象を受ける葉酸サプリとなっています。それでは3つの選択基準にそってみていきましょう。

葉酸の含有量

葉酸の含有量は、なんと500㎍とやや多めです。しかしモノグルタミン酸型葉酸が400㎍とポリグルタミン酸型葉酸が100㎍という構成になっているため、吸収効率が良い葉酸と天然の葉酸を両方摂取できるようになっています。

その他のサポート成分

はぐくみ葉酸にも、ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・鉄分・カルシウムの5つの葉酸が配合されており、栄養満点で妊活中から摂取しておきたい栄養素がしっかりとそろっているサプリメントです。

安全性

はぐくみ葉酸はGMP認定を受けていて、品質に問題がないサプリメントです。

また、添加物の使用は多少あるのですが、健康被害の影響がない添加物を用いているため、安心して飲むことが出来るでしょう。

まとめ

どうして葉酸を妊活中から飲むべきなのか分かりましたか?妊活中はこれから赤ちゃんを授かるための準備期間でもあります。

ぜひ、早いうちから葉酸の摂取と、その他の妊婦さんにかかせない栄養素を積極的に摂取し、妊婦となったときに強い身体でいられるようにしましょう。

そして元気な赤ちゃんを授かるようにお祈りしています。